ペット詳細

     
ペット図鑑 アビシニアン
性質・特徴 手入れ
野性的な外見とは裏腹に、元気で甘えん坊な性格なので人と遊ぶのが大好き。体はしなやかで筋肉質。顔全体は丸く大きなアーモンド形の目をしており、目の下にはクレオパトララインと呼ばれる模様が入っています。 被毛は、一本の毛が数色で構成されているテッキングであり光の反射や動きで輝きが変化し美しいです。 ブラッシングは、朝夕1回ずつのブラッシング。シャンプーは月に1回程度。
※水を怖がらないネコの中では珍しい品種です。
毛質・色 運動
短毛種。ルディ・レッド・フォーン・シルバー・ブルー 運動量は大目です。アビシニアン同様活発なネコなので上下運動ができるようなキャットタワーを設置することをお勧めします。
飼い方 主な歴史
神経質な面も見受けられますので、静かな環境がよいでしょう。 アビシニアンは不思議な伝説や神話があり、中でも有名なのが古代エジプトの女神バテストの化身ではないかと言われています。アビシニアンのようなネコの絵が当時の壁画や洞窟内に描かれておりそれが証拠になっているそうです。これらのネコ達が直接アビシニアンのルーツとなっているかは定かではありませんが、ルーツとしてはっきりしているのは、1868年にイギリス軍人がアビシニア(現在のエチオピア)から持ち帰ったズーラと名付けたネコを改良し現在のアビシニアンになりました。
お店にいる子を見る

>トップページ > ペット詳細