ペット詳細

     
ペット図鑑 ラパーマ
性質・特徴 手入れ
ラパーマは、小さい顔にクリクリの大きな瞳。柔らかいカールヘアが、体だけでなく髭や眉も長くカールしているのが特徴。他の巻き毛のネコと異なり、織物や毛糸のような弾力のある触り心地の被毛です。人な懐っこく、体を動かして遊ぶのが大好きなネコです。 こまめに耳の中をチェックして内耳炎や外耳炎など、耳の中のトラブルには注意しましょう。ブラッシングは、朝夕1回ずつのブラッシング。シャンプーは月に1回程度。
毛質・色 運動
短い毛種。すべての色 高い運動能力を持っているので、上下運動ができるようなキャットタワーを設置することをお勧めします。
飼い方 主な歴史
ラパーマは結構スリムな体型の猫種です。そのため、食事の与えすぎによる肥満に気を付けましょう。
※ラパーマは生涯のある時期、無毛になりますが、その多くは生まれたばかりの子猫の時期です。その後生えてくる毛は、前より巻きが強くなりますのでご安心下さい。
1982年、米国オレゴン州で農業を営むリチャード&リンダ夫妻のもとで、ネズミなどの害獣駆除の為に飼っていた、短毛種のネコが生んだ中に他の兄妹達とは異なる無毛の雌ネコが一匹生まれた。無毛子ネコは成長するにつれ、シルクのように柔らかなカールヘアが生えてきました。「カーリー」(Curly=巻き毛)と名づけられ、ネコが生んだ全ての子ネコが同じ特徴を持っていました。その後飼い主のリンダはカールした被毛を持つ子ネコを増やそうと、シャムネコなど他品種のネコとの交配を重ね、現在の「ラパーマ」の始まりとなりました。

>トップページ > ペット詳細