ペット詳細

     
ペット図鑑
特徴 ご飯
カイウサギの中で最小のウサギ。耳が短く顔が丸いのが特徴。 ウサギの品種の中で最もカラーバリエーションが豊かである。 毛並みはほかの品種に比べてアンダーコートの密度が非常に高いため、 逆なでしてもゆっくりもとの状態に戻る、ロールバックという性質をもっている。 この品種の人気の理由は、子供っぽい外観や、大型ウサギに比べて小スペース、 小型ケージで飼育できることにある。 繁殖期は通年であり、1度の出産で1〜10匹の子供を産む。 主食:ラビット専用フード・牧草
副食:野菜(小松菜・ニンジンなど)・果物(リンゴ・パイナップルなど)
飼い方 アドバイス
オスは特に縄張り意識が強いため、大人になってからの複数飼育は、相性が合わないとケンカをしてしまいます。 ケガをしたりストレスを受けることがあるため、単独飼育がおすすめです。 ほかの品種に比べ、飼育スペースをとらないことも人気の理由です。 夜行性ですが、人間の生活スタイルに合わせることが出来るため飼育しやすい種類でしょう。 ベビーの飼育は、暑さ寒さに弱くデリケートのため冬場はペットヒーターなどで十分保温が必要です。 ベビー:24〜26℃が適温
主な歴史
もともとはダッチから生まれた白毛で、 赤目の突然変異(ポーリッシュ)を野生のウサギと交配した後、さらに大型種と交配してできた品種。 (品種として認可されたのは1969年)最終改良地はオランダといわれているが、現在では世界中で繁殖している。 ノーマルタイプの入手は簡単だが、ショータイプは比較的入手難易度・価格ともに高め。 。
お店にいる子を見る

>トップページ > ペット詳細