ペット詳細

     
ペット図鑑
特徴 ご飯
ハムスターの中でも温和で人なつこいといわれており、カラーバリエーションが豊富で毛質も短毛種と長毛種とがいる。 性格は比較的穏やかで、ハムスターの中では大きくゆったりとした体で肩まで広がる大きな頬袋を持つのが特徴。 繁殖時期は通年であり、1度の出産で4〜17匹の子供を産む。 主食:市販のハムスター専用フード
副食:野菜(小松菜・ニンジンなど)・果物(リンゴ・パイナップル)・動物性たんぱく質(チーズ・煮干し)など ご飯についての記述
飼い方 アドバイス
縄張り意識が強いため、親子・兄弟であっても複数飼育はケンカをしてしまいます。単独飼育がおすすめです。 ほかの品種に比べ、飼育スペースをとらないことも人気の理由です。 歯が伸び続けるため、飼育下では、固いご飯を与えたり、齧り木を与えるなどして歯を削る必要があります。 また、ハムスターの大きさにあった回し車を与えることにより、運動不足が解消されますので、設置をお勧めします。 気温が10℃を下回ると、疑似冬眠と呼ばれる、体温が低くなって死んだように眠ってしまう状態に入ってしまうことがあるため、 20℃を下回る季節は、巣材用の綿やハムスター専用ヒーターなどで、保温対策を十分に行ってあげることが必要です。 ハムスターの視力はあまり良くないため、臭いや音には非常に敏感です。スキンシップをとるときには声をかけながら触ってあげましょう。
主な歴史
1930年にシリアで捕獲された1匹の雌とその12匹の子の子孫が繁殖し、世界中に広まったものである。 (その後、野生種は発見されていないため、現存するゴールデンハムスターは皆彼らの子孫である)。 1931年にロンドン動物園でハムスターが展示・一般販売され、それ以後ハムスターがペットとして飼われるようになった
お店にいる子を見る

>トップページ > ペット詳細