ペット詳細

     
ペット図鑑
特徴 ご飯
日本でもポピュラーなリクガメです。ギリシャにも分布していますが、名前の「ギリシャ」は背甲の模様が 「ギリシャ織」に似ていることから付けられている名前です。 たくさんの亜種が存在し、ムーア、ニコルスキー、アナムール、アルメニア、アラブ、イラン、トルコなどがありますが、 これらの亜種は、斑紋や色彩などの外見上の特徴から識別するのは難しく、基本的にどこから輸入されてきたのかという情報を頼りにするのが一般的です。 亜種にもよりますが、産卵は一般的に2回程度行われ、一回で5卵程度のようです。孵化にかかる日数は2ヶ月程度です。 主食:リクガメフード
副食:野菜(小松菜・キャベツ・トマトなど)・果物
飼い方 アドバイス
リクガメは変温動物ですので、自分で熱を作り出すことができません。 眠ったり、普段遊んだりしているケージ内のスペースの温度と、 ケージ内にライトを設置し朝起きた時や、休む時などに温度を上昇できるようなスポットを用意してあげると最適です。 ケージ内適温:24〜27℃(幼体はやや高め) 日光浴は体温を上げるためには必要不可欠です。紫外線ライトなどで対応もできますので設置しましょう。 基本的には鑑賞向きですが、手からエサを与えるなど、軽いスキンシップを続けると飼育者の顔を覚えてくれます。 自然と慣れていきますので、ゆっくりのんびりと飼育していくといいでしょう。
お店にいる子を見る

>トップページ > ペット詳細